訪問ありがとうございます
ポチッと押してくれるととっても励みになります^^
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の日本帰国はいよいよ新居完成間近(?)のため
持って来たかったものたちを
品定めしたり購入したりして
荷造り→送ることもひとつあった!


今迄好きなものたちを少しずつ集めてきた
一人暮らしもしていたし
全てのものは揃っている

送るのも勿論高いし・・・・
とは思ったが
何しろスリランカでシンプルで質の高いいいものを
みつけるのは至難の技!!

時々いいものはあるが輸入品でとにかく高い!!


それだったら・・・・と思い
思いきって好きなものは迷わず送る事に!

実家のふた部屋に渡る私の荷物たちを
ひっくり返して見てみる!!

”かわいい~~~~~~~~
”え~~~~~~っ! こんなのあったっけ~~~~~!”
と独り言連発状態(笑)!!

なんでも送りたくなってしまい
集めてみるとなんともまあ凄い量・重さ!!

今迄スリランカで生活してきて
不便だな~と思うもの・・・・
質が悪くてすぐに駄目になってしまうもの・・・
それらを今回の日本滞在で少しずつ送りたかった

これらの作業を毎日夜な夜なあっちの部屋、こっちの部屋で
やっていた上に重い荷物を階段で上がったり下がったり・・・・

久しぶりの正座を寒い中していた事も重なって
左膝を痛めてしまった・・・
痛いな~とは思っていたが帰国日までにどうしても送ってしまわなければ!
と頑張りすぎてしまった

おっとくんは私の重要なホームドクター
何かあればすぐにホームドクターに報告(笑)!!
左膝もスリランカに着いてすぐに見せた

IMG_7497_convert_20100509184259.jpg

しばらく”MOOV"という関節痛に効く塗り薬(Rp172)を
しばらく塗って様子をみていたが
良くなっている気配があまりない・・・
膝全体に渡る腫脹も軽減していない・・・
これはさすがに放っておけないな~と
おっとくんからアンマに言ってみると
”これを塗ったらいいわよ!”と
シンハラベヘット(=いわゆるアーユルベーダ治療)
西洋医療ではなくスリランカの伝統医療
植物のみから抽出したオイルを塗ってくれた

次の日おっとくんと一緒にシンハラベヘットドクターの所へ・・・

IMG_7473_convert_20100509184924.jpg

↑ここが診察室兼治療室
ダンボールが引いてある上に見事なおみ足をさらけ出し
ドクターは診察



↓photo:
汚いおみ足・・・・大根の様な太いおみ足・・・
申し訳ありませんっ!
(言い訳ではありませんが、かなり足は腫れております・・・・)


DSC_0347_convert_20100508214544.jpg

この様にオイルを塗りその上に一枚のガーゼ
その上に薬草を置きガーゼ包帯で巻く
ドクターに明日の朝までこのままで。
と言われ家に帰って来る

ひんやりして気持いいっ!

数日アンマの持っているオイルを塗って様子をみていた

Oil



一気に治ったとは感じないものの
少しずつ少しずつ・・・
良くなっている気配

Side effectもないし自然の薬草から抽出するものだけを
体に使うのでとっても安心

香りも気に入り我が家のホームドクターに
毎日オイルを塗ってもらう毎日

そのお陰で随分良くなりましたっ☆


シンハラベヘットもなかなかじゃない!!
と気に入ってしまった!!



DSC_0345_convert_20100508212535.jpg

Dinkiちゃん!!

我が家の3匹のわんちゃんたち

ジャーマンシェパードのBobbyとダルメシアンのLeezaは大きくなって
とてもじゃないけど私にはどうしようもできない・・・

毎朝のおっとくんの日課
犬と遊び散歩させそれぞれの犬小屋をお掃除する

その間キッチンのドアをいつもの様に開けておいてしまうと
後ろから飛びつかれて私の恐怖心は
朝のミルクティー作りでピークを
迎えてしまう・・・

でもこのDinkiちゃんだけは特別

この犬種は大きくならないので
いつまでもコロコロとかわいいのだっ


DSC_0346_convert_20100508220541.jpg

いつも私の後ろを付いて来る

IMG_7462_convert_20100509184438.jpg
IMG_7463_convert_20100509184550.jpgIMG_7464_convert_20100509184722.jpg




何よりも寝姿が最高にかわいいっ


今度かわいい寝姿を撮ってみるので
是非待っていて下さいね!
インドとスリランカの間にある「ポーク海峡」


:::::


もともとインドとスリランカ間は
浅瀬が続いている事で知られていた


数年前NASAの衛星写真で明らかになったのが
「アダムスブリッヂ」=Adam`s bridge
海底に一本の道が姿を現した

Adams bridge



南インド側のラメシュワラムとスリランカ側のマンナルまでの30kmあまりの間に渡り
石と砂で作られた人口の浅瀬の橋
この浅瀬の橋の上に7つの小島が連なっている

現在の海面上昇が始まる以前 
インドと陸続きで結ばれていた時代があったそう
(当時は現在より10M以上水深が低かった)


とある研究者によると
この橋が作られたのはなんと175万年前
スリランカに先住民が移住した証であるとも言われている





Adams bridge from NASA

Adams bridge from NASA


インド叙事詩の「ラーマヤーナ」では
至高神の化身であるラーマ王の指揮の下
ラメシュワラム(南インド)とスリランカの間に
橋が建築されたことについて述べられている
        
シータ姫をランカ島(スリランカ)に住む魔王のラーヴァナにさらわれて
ラーマ王子がその奪回にのりだす
猿軍の王、ハヌマーンに助けられて
ランカ島へと橋をつくりラーヴァナを滅ぼすことに成功する




:::::


なんとも神秘的な物語とこのアダムスブリッヂ


色んな考え方もあるだろうが
↑写真を見ると
とっても不思議な気持ちにさせられる・・・


”えっ!こんなはずじゃあ・・・!”と
思わず恥ずかしくなる自分の格好・・・

軽い気持ちで見に行ったダンス
観客全員、まるで自分たちがダンスを踊るかの様な
煌びやかな装い

ありったけの貴金属類を身にまとっているかのよう・・・

この国は本当に発展途上国なのか???と
思わずそう疑ってしまいそうになる程の
美しい高価そうなサリーを着て・・・

:::::


前置きが長くなってしまったが
とある夜・・・
何気なく誘われていたダンスを見に
コロンボへ行った時の話


:::::


その中で最も感動したダンスがあった
どうしてもそのダンスを踊ってみたい
連絡先をお聞きしダンスを習う事に決めた

仕事の調整や家事などなど・・・
コロンボへ通うことにはかなりの無理があり
なるべく近くのダンス教室を探す

バスを乗り継いで行けるダンス教室

まずは見学に行く事に

先生と挨拶をし見学させて頂く
教室は2部に分かれており
前半は子供
後半は大人

子供は3才~
大人と言っても殆どが中学生~高校生
彼女たちは初めてやってきた外人を
とっても不思議そうに見ている

先生は一緒にやってみましょう!
とみんなの後ろについて並ぶ
前の子の真似をしながら踊ってみる

”超~~~~たのしいっ

こうして私のダンス教室通いが始まった・・・

:::::


キャンディアンダンスが主流だが
私の本来の希望であったダンスが実は・・・インディアンダンス
ちょっと笑えてしまうのだが(サリーにしろダンスにしろ
私は結局インド好きって事???)
先生は特別にみんなでキャンディアンダンスの練習をした後
インディアンダンスも教えてくれる

足をガニ股に開いて揃え手と合わせてステップを踏む
1~10までの基本ステップがある
これを完全にマスターするのもかなり一苦労

鏡を見ながら家でも毎日練習
面白くてたまらないっ

背中がバックリ開いたレオダート
コロンボへ買いに行った
これで皆とお揃い
短いヒラヒラのスカート(これはクルクル回ったりすると
ヒラヒラしてとってもかわいい)
は今ではすっかり友達になったYちゃん(=15歳)が
プレゼントしてくれた

みんな友達の様に私に世話を焼いてくれているっ(笑)
まるで私が年下かのように・・・

みんなとお揃いのレオタードを着て毎週通うダンス教室

毎週1回の教室で1回Rs.200なり



写真を撮ろう!撮ろう!と思うのだが
必死に踊っているため
そしてみんなも必死にレッスンしているため
なかなか撮る機会がないのだが・・・

↓はキリノッチへ行った時に参加したダンス教室
ステップは全く同じだった(笑)
キリノッチでは全員幼児でした
その風景を一枚だけパチリ

私も後ろで一緒におどっていました~
キリノッチダンス教室


よ~く考えればダンスの写真は
たったこれ一枚!!

いつかおっとくんに撮ってもらおうかなっ★





我が家では大量のココヤシを栽培している
今日は改めて恩恵をあずかるココヤシさまについて
ちょっと書いてみようかなっ・・・
と思う

::::::


ココナッツとはココヤシの果実のこと
ココヤシはとても利用価値が高い
本当にココヤシさまさまなのである

茎は材木に 
葉は屋根葺きや家畜の飼料などに利用
果実は外側の繊維質の皮はタワシや籠などなど
内側の固い殻は冷蔵庫の活性炭に
そして種子の内部はココナッツジュースやナタデココの原料に
胚乳部分は乾燥させたものは食用油やココナッツミルクとして利用


殻から茎から葉っぱからと
全く捨てるところがないココヤシさま


:::::


初めておっとくん宅を訪れた時に
敷地内のココヤシにとにかく驚いた


でももっと驚いたのは結婚してから
こんなにもココヤシの力を借りて生きてるっ
てことを実感させられたこと

「エコ」そのもので自然にとにかく優しい

凄いっ



我が家敷地内(ココピート)


↑我が家では「ココピート」を生産している
Photoは天日干しにしているところ



さてさてココピートとは・・・


ココナッツ果実の堅い殻を作るファイバー状の層で
マットやロープを作る為に取られた繊維の残りを
3年から5年ほど堆積⇒醗酵(アクと塩分を十分に抜く)

エコロジーな100%天然資源で
ピートモスに代わる土壌改良剤


日本でも特に住宅街やマンションでは古い土を捨てる場所がない問題や
軽く保水性・保肥性があるため室内向きのミニ観葉などの用土としてよく使われている
天然繊維で出来ているので使い終わったら燃えるゴミとして捨てられるのが利点


::::::


ココナッツの繊維には木炭のような無数の穴がある
吸水性が高くココピート1kgに対し約水9kgを吸水する

土壌に混ぜれば微生物が増え→土壌の保水性・通気性を改善させる効果がある


我が家での天然生活「自給自足」には
欠かせないこのココピート
育てている殆どすべての植物の土壌に
このココピートをちょっとずつ
混ぜている

水もちが良く通気性が良いので植物がよく育つのだ


ココヤシさま
ありがとうねっ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。