訪問ありがとうございます
ポチッと押してくれるととっても励みになります^^
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.13 井戸掘り
二つ目の井戸掘り

現在30Ft掘ったところでキレイな井戸水がたくさん
湧き出てきている


地盤がやや弱いので先日リングを購入
そして更に掘り進める予定!

井戸掘り
↑写真は掘り始めのもの まだ水は出てきてません





現在は30Ftとかなりの深さで誰かがスッテンコロリンでは
非常に危険!!なのでこの様にココヤシの葉で注意喚起している
→もしかすると私への警告!かも(笑)
well





さあ!今日井戸掘り職人さんらが来る予定!
今から見に行ってきまーす!!



ようやく二つ目の井戸20Ftほどのところで
「水」が出ましたっ☆☆☆


良かったぁ~!!
同時に掘っていたトイレットピットにも
職人さんがダイアモンド型に(底を)形を整えつつ
PVC配管を行っている



水は出たもののこれでは我が新居の生活を充分にまかなうだけの
水量が確保できてないのでもっとこれから掘り進める予定



ただし水が出てきたのと同時に地盤が柔らかくなっているので
リング状の支えを購入してはめ込んでから再開となる



数日後に控えた新居に入る儀式
各職人さんも見たことのない焦りよう・・・(笑)
本気で頑張ってくれている姿を見ていると
何だか胸があつくなる・・・


何を言ってもいつまでも大変なのは
物品調達!!
いい品をいいタイミングで見つけ購入し運ぶって
本当にこのスリランカでは簡単ではない!

今まで作り上げてきた全ての材料ひとつひとつ・・・
砂、石、砂利、レンガ、セメント、釘、木材、ペイント、タイル、ガター、・・・・
全てのものを自分達の目で確認し手に入れてきた過程は
一生忘れられないだろう・・・


さあ!もうひとふんばりだっ!!!



今月末にいよいよ新居への引越しに伴って’儀式”を行うが
その日程が決まった☆


現在大急ぎで仕上がりにかかっているが
本当に間に合うのだろうか・・・????


全ての職人さんグループが集結し
それぞれの仕事を全うしている

タイルパーツ)残すはScatingとテラス(→これが案外多いのだ!)とバスルーム
セメントパーツ)タイルを張った後の仕上げと玄関先と外回り、そしてラフキッチン(実家の様に薪でご飯を作るためのキッチン)、犬小屋2つがまだ残っている・・・
ペイントパーツ)セメントで細かな角や足して仕上げている各コンクリ部分を更に磨きペイントする。全てのドア、メインドアのウッドフィニッシュの仕上げとそして全ての内壁・外壁のセカンドコート
水周り)テラスやバスルームにウオータープルーフ(必須だっ!!!)を入れ、トイレピットとの下水管の配管。5つのバスルームのアクセサリー取り付け
材木パーツ)タイルを張った後最終的なドアの長さが決まるのでそれをカットしタワーボルトを設置する
電気パーツ)全ての配線は完了しており先日シーリングファンを取り付けに来たがあっという間に取り付け、面白い話で盛り上がり笑ってあっという間に帰っていった(笑)
次に来る日は”セキュリティーライト”と”スポットライト”を数十個取り付けに来なければならない!・・・・がこれも笑いながらあっという間に取り付けてしまうんだろうな(笑)


そして現在平行してやってるのは”井戸掘り”と”トイレットピット”作り!!
井戸は2つ目を掘っているが現時点でまだ水に到達しない・・・・
職人さん曰く”絶対ここに水は豊富にある!”という言葉を信じているわたしたち

一つ目の井戸は水が出たがそれは家用ではなく敷地内用として使う予定



今日いつもの如く全ての職人さんの仕事を見て回り
最後に井戸掘りの職人さんに挨拶し終わった途端・・・
我が敷地内全て傾斜になっているのだが
うっかり高い方から歩いてきてしまったわたし・・・
スッテンコロリン!
18Ftの水のない深い穴に落ちる寸前だった!!
しりもちをついて転んだまま乾いた砂が滑らかで
スルスルと穴の直前まで滑ってしまった

職人さんは思わず手を出したが
実際は何の助けにもならない
私が運よく穴の前で止まったところで
”アイヨー!ノーナ!”と頭を抱えている

わたしも本当に落ちるかと思ったので
よく助かった!と胸を撫で下ろした



”主人には言わないでね!’と言ったのだが
仕事が終わると早速おっとくんに報告していた

”本当に危ないから気をつけて!
見に来るときは傾斜の低い方から見にきてね”と
言われた



やっぱり危険予知能力が足りないんだ!わたし!!!
っとつくづく感じた一日だった


新居中全てタイル(石)を張る

その過程を少しご紹介です!



荒削りなコンクリート下地をまずは
きれいに削っていきます
日本では機械を使うんでしょうがここはスリランカ!
もちろん全て”手”作業!!


テラスから部屋からリビングからとにかく全ての床の
細かな起伏コンクリートを削りタイル張りの下地を整えます

削れたらきれいに掃いて
水を流し入れデッキブラシでこすり
ゴミひとつない状態にします
そして下地作業がいよいよ開始!


タイル張り過程でとても重要な過程
「水平基準線」
床が水平になるようにその基準となる高さを決めます
この水平基準線は壁でも床でも同じ要領
タイル職人の腕は「水平」をいかに作るか!!
いかに「水平」にならってタイルを一線に張っていくか!!

一般の小さなサイズのタイル、
あるいは溝のあるタイルを張るのは
この水平がさほど水平でなくても
それなりにつじつまが合ってしまう

しかしっ!大きなタイル、もしくは溝のないタイルとなると
この水平の微妙な誤差でタイルに微妙なズレが生じてきてしまう
(絶対にごまかせない!!)
だから大きなタイル、溝のないタイルを張るには
それなりの経験と腕を持った職人探しが必須となるのだ!!



いくつかの基準点をいくつも設け
その基準点同士が必ず水平になるように
セメント(セメントと砂と水を混ぜたもの)
を流し込んでいく

流し込んだセメント剤を水平に均していく
その過程が↓の写真
タイル張りセメント


セメント過程
↑水平なレベルを手の感覚で均していくこと、これって経験と感性だろうな!




こうして真っ平らなセメント下地ができていく


半日たつとすっかりセメント下地も乾き翌日には
水を撒いて更にセメントの強度を上げる!




まずは家中の床(バスルームはとても時間を要するため
まとめて一番最後に行う)にこの下地作業を行った


現在はその下地の上にタイル(石)を張っている


その様子もUPします!


2011.01.18 道つくる
新居敷地内に新しく道を作った


草ぼうぼうで道らしき道は全くなかった
何しろ今まで封印してきたように一面の草が
私の背丈を遥かに越えている成長ぶり

森を開拓する気分☆

いつものユンボマッリに来てもらい
道を作る



ちょっとしたた高台になっている敷地内
そのトップヒルに新居を建設したのだが
周りは全てココヤシとジャックの木やバナナの木に
囲まれている

なるべくナチュラルに今までのものを壊さないように
残しつつ、新しく道を作るのはそう簡単ではない
デザイナーさんと一緒に考え丸一日かけて
ユンボで開拓した



名もなき道
↑草ぼうぼうの中に突っ込み草を根元から除草していく




ユンボマッリ
↑ユンボマッリの操作には参った・・・
きっと日本でユーフォーキャッチャーさせたら凄腕だっ!と感心しつつつぶやく・・・(笑)




道作る
↑少しずつ道らしき”道”が顔を見せる




丸一日かかってメインドアまでのワインディングロードを開拓☆

ココヤシの木とジャックの木が道標!
結局木を一本も切ることなく道が完成する


※全貌は引越し後UPします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。