訪問ありがとうございます
ポチッと押してくれるととっても励みになります^^
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓これはなんだか・・・どこだか・・・お分かりになりますでしょうか
ヒントは     新居の一部でっす・・・


toiletのcourtyard


まだまだ途中経過なのですが・・・・・
ようやく家中のモルタルプラスター作業(=漆喰)が終わり
こうして↑写真のお部屋もセメントプラスターが終わった

漆喰とは・・・本来日本独特の塗壁材料を言う。消石灰にふのり+苦汁(にがり)などを加え、これに糸屑+粘土などを更に配合して練ったもの。
漆喰の広義には石膏・石灰・セメントなどをそのまま、または砂などを混ぜて作ったモルタル漆喰も含む。



そうそう!そんな事はどうでもいいとして・・・(笑)・・・
このお部屋は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・≪トイレ≫ なのでした~~

前回のブログ内にもある様に↑写真のトイレが設計図面に付け加えた
1階リビングルームに程近いトイレです

このトイレ、よーーーーーーく見てみると奥まってるところ  にちょっとだけ陽が射しています
建築デザイナーさんの計らいによっておまけに付け加えられたコートヤード(=中庭)
日本語で中庭と言ってしまうとかなり大袈裟な気がしてしまう・・・
このトイレにはコートヤードという言い方が似合うくらいほんの小さな小さなもの

こうしてトイレに陽の光が射すのは暗くなりがちなスリランカントイレイメージを
払拭するには持ってこい

きっとコロンボやその他主要都市ではセキュリティー上できない技を使えるのは
やっぱり田舎に住む醍醐味
思う存分使い楽しみたいもの

いえいえっ! いくら田舎だからと言って安全を無視できません
と~~~~~っても分厚く壊されない素材を使って”陽の光のみが入る”ように
作ってあります

実は・・・我が家にはコートヤードが4ッありどんな風に使おうか・・・と悩み中

スリランカには珍しく日本スタイルの玄関ポーチを広くとったので
絶対に置きたい”下駄箱”もいつの日か登場の予定
下手すればオフィスルームより玄関ポーチが大きい →なんだ?これっ??(笑)

その玄関ポーチにもコートヤードが登場するのである
でも我が家のコートヤードとは=中庭と言い難い ほんの小さな作りで
外光をうまく取り入れ、開放感を増す目的でデザイナーさんが提案してくれた

例えば1階のダイニングルームのコートヤードは2階と繋がっており2階のスタディールームから見下ろせるコートヤードとなる・・・・・っということは空間が生まれ空気の流れがスムーズに
そして空間スペースが開放感を増すことにもなる
吹き抜けタイプになっている!

そうして計算していくと・・・っとっと・・・コートヤードは4つ。
合計7部屋でこのコートヤードを見ることとなる
それにしても南国だから出来る技

だって日本の実家地域は冬が厳しくモッサリと雪景色
そんなところにコートヤードだなんて・・・考えただけでも凍りつきそう・・・

セキュリティーを考えると大好きな”窓”三昧にはいくら田舎だからと言ってもできず
外となるべく繋がっていたいというわたしの思いはコートヤードで癒される事になる予定

特にトイレに作ったこのコートヤード
トイレで用を足しながら癒されるのか、それとも・・・乞うご期待



Secret

TrackBackURL
→http://coconacona.blog92.fc2.com/tb.php/147-a7cafe80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。