訪問ありがとうございます
ポチッと押してくれるととっても励みになります^^
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姪っ子
↑Photo;皆でニゴンボのとあるHotelで宿泊
プニュ姪っ子
↑Photo;車中ではあちこち皆の腕に抱かれる姪っ子☆





我がBaby・・・・・ではなくって・・・これは姪っ子でーす
初登場☆

スリランカ人らしいお顔
クッリクリのお目々

スリランカでは初産であれば高率で娘は妊娠後期から出産後3か月まで実家里帰り分娩をする事が殆どである
義妹も早速実家へ里帰りし出産した

義妹そしてこの姪っ子ちゃんとは暫く一緒に暮らした

一緒に暮らして思ったのだが日本の様に沢山の雑誌があるわけでもなくそしてましてやまだまだインターネットも普及しておらず(日本人がいる家には当たり前にPCがあるかもしれないが普通のスリランカの家庭ではまだまだ!!)ナンギ(=妹)は全くもって無知な状態で出産に臨んだ

実母のみからの情報で(だから昔むかしの方法なんだと思う)出産準備をしていた
紙おむつなんて高くて日常的には使えない
大きなオムツ布を買ってきてせっせと布を裁ちミシンで縫っていた

baby用枕も設えて・・・

臨月に入るとアンマもナンギもみんなどうにも落ち着かず幾度も医療従事者であるわたしを頼る位アンマが対処できなくなり 夜な夜な毎日の様に部屋のドアをノックする・・・

こうしてナンギの妊娠期~出産~産褥期~に渡って一緒に暮らし思った事は
スリランカでは日本の様な教育を受けないのである
よくあるパパママ教室やおっぱいマッサージ・赤ちゃん体操・・・・・・全くもって妊娠期から実践的な教育を受けていない。
そして出産後も助産師からの実践的な退院指導を受けていない(・・・・これはその当時知らなかった)

どんな方法にしろ教育を受けて退院するものだと勝手に思い込んでいたのだが
退院してからナンギがそれを受けていない=とっても大変な生活がしばらく続く事となる・・・
ということを知ったのである

しかしナンギの子育てを目の当たりにしたことはわたしにとって大変貴重な体験であった
よくよく考えてみれば妊娠→出産→子育て 生を受けて子孫を残すという意味ではごくごく
自然なことだということ!
母となれば母らしくなっていくものだという事!

わたしがNICUで働いていた頃 カンガルーケアという両親どちらでも上半身裸になりリクライニングチェアー(親が心地良い体勢がポイント)でbabyを丸裸に
お互いにスキンシップを通して心と心のコミュニケーションを図る目的で励行していた

ある日ナンギが(もちろんリクライニングチェアーたる立派なものはないが!)上半身ほぼ裸でbabyを胸元に乗せゆったりしている姿を見て”これぞカンガルーケアではないか!!”と
とても感動した

励行しなくともこうして自然な形で触れ合っている☆

わざわざいかにも大袈裟に指導なんてしなくても こうやって母となり愛する子供に自然に肌と肌を触れ合う行動を行う 人間としての(母としての)自然な姿にいたく感動した

物があればいいってものでもなく 物がなくても母はどこの国でも変わらないのだ
当たり前の事の様だが これを体感できたこと 目の前で繰り広げられるその自然さにまたひとつ勉強になったな・・・と思った





Secret

TrackBackURL
→http://coconacona.blog92.fc2.com/tb.php/128-3c207644
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。