訪問ありがとうございます
ポチッと押してくれるととっても励みになります^^
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
避難民キャンプ講習
↑Photo;避難民キャンプでの衛生教育☆子供たち真剣に聞いてまっす❤



避難民キャンプ地へ
普段巡回しているいつもの村の保育園・小学校へ行くのとはまた違った心持ち

家がなく時には親がなく・・・精神的打撃を受けている子供たちが沢山いる
そして年齢の幅が広い講習能力が必要にもなる!!
この避難民キャンプは小規模な方でそれでいてリーダーの管理が行き届いている

当たり前だが突然訪れて何かをする!事はできない
まずは厚生省からの認可そして地方分権されている管轄のDPDHS(=県保健長官)の許可があって初めて援助のスタートラインに立てることになる

この許可を得る事が一番の難関であった(Project Proposalを提出)
スリランカ側にしてみれば津波以降各国から多量の援助物資とマンパワーが流出してきて
それに右往左往している現状があった
そして外国人らがどっと押し寄せて主要都市に長期滞在する様になり
物価が高騰したことは否めない事実なのである


良かれと思いはるばる援助しにきた行動がこうして地域住民の物価高騰という更なる貧富の差を
助長させてしまう現状もあるのだ

政府側も徐々にその現状を是正しようと外国人の流入をコントロールする動きが津波被害以降
顕著に表れている

このDPDHSの理解こそが一番重要なポイントだとつくづく実感する
この長官の一言で役所全ての協力体制が得られるからである
どれだけ毎日DPDHSの元へ通っただろうか・・・
会う事さえもままならない程多忙なDPDHS
涙を流した事も多々あった・・・
気持ち・思いだけではダメなのである
その強い思いを文章に表し(Officialに!)形にしないと勿論伝わるわけがない!

許可を得るまでが一番辛かった時期
まずは許可を頂き活動を始め 毎月評価を行いそれを提出しながら活動を行う
そのサイクルの中で沢山の医療従事者らと出会い彼らひとりひとりの本当の思いを知る
地域での根深い問題に触れる様になった
村の人々の、そして医療従事者らの心の奥を知る様になった

徐々にDPDHSも信頼してくれる様になり DPDHSの初スマイルを見れた日は
今でも忘れられない!!

そう!!DPDHS!貴方の協力が必要なの

この県が統括している全ての情報を頂き分析に入った
そこから幾度ものアドバイスを頂きながらターゲットを絞っていく
どこになにが必要なのかを

そして援助を受ける側と差し出す側との相互理解が大変重要である

協力体制がきちんと得られるMOHでないと援助の神髄が伝わらず意味をなさない・・・
MOHについて←スリランカ保健医療システムの説明のかじりですが・・・
わたしの掲げる援助とは≪地域の自立援助≫である!
例えて言えば”ハードを援助するなら必ずそのソフトも!”
実際によく目にするのは○○から寄付したもらったという超音波エコーの高価な医療器具
しかし埃がかぶって放置状態・・・
あげるだけではダメなのだ!!
その超音波エコーを使いこなせる(そして壊れた時に修理できる!)人材をも育てなければ意味がない!!

学校を建設する。→でも教える教師がいなければ意味がない!

発展途上国ではハードが必要な事も多いのが現状だと思う
しかしわたしは今あるものを最大限に利用またはリフォームしそのソフト(知識・技術の投入)をいかに充実させるか・・・が本当の彼らの自立につながると思っている

ものをあげることがイコール援助ではないということ!
そのあげたものがなくなったら終わり!では意味がないのである
彼らが自分たちで考え自分たちでより健康な人生を!→自分で守るしかないのだ!!

だからまるで当たり前のような衛生教育でこそ力を入れお金のかからない健康を守る術を身に付け
考えていってほしいと思っている
援助を待つだけではなく地域全体が自立できるようなきっかけを作りたい!とこうして村に通うのである


Secret

TrackBackURL
→http://coconacona.blog92.fc2.com/tb.php/124-db198697
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。