訪問ありがとうございます
ポチッと押してくれるととっても励みになります^^
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼いました~!!


っと言いたいところなのですが
未だ、番犬にまで着手できていないのが
現状でして・・・ふゥ~



っというわけでも実はないんですよ!




以前わたし好みのわんちゃん
ご紹介したことがありますが
そうですっ!
あのわんこちゃん=トミーが
野良犬らしからぬ、なぜだかさっぱり分からないけど
新居とそしてこの敷地内をしっかり守ってくれてるというわけなんです



単なるそこらへんにいたノラちゃんだったトミー
敷地内に来るようになって唯一恐怖心を一切
持たずに見れたのがこのトミー


別にいやらしく懐けたわけでもないし
もっのすごく可愛がっていたわけでもなく・・・

ただ恐怖心がないので
いつも話しかけていました!

新居に移ってから帰宅時間(夜の)や戸締り
出掛けることにやたらと気をつけるように
なりました
いやっ!気をつけねばならんのです!!

日本とも違う・・・
ましてや同じスリランカと言えども
コロンボに住む友人は
小さい子供を連れて夜な夜なフツーに
母子で買い物に出掛ける(+わたしもひょいひょい一緒に行きましたが!)

これってさいきんのわたしの生活には
なかった超ビックラニュース!でもあるわけです

でも結婚前、バッタラムーラに住んでたころは
コロンボに住むそれぞれの友人達と同様に
近くのアルピコスーパーにしょっちゅう
夜な夜な一人で買い物に歩いて出掛けてたなー
若干距離はあるが”センサール”へも食べに
行ってたよなー
センサールのスタッフほぼ全員とは友達のようで
若いスタッフたちはセンサールの独身オーナーと
わたしをくっつけたがっていたよなーとか
(今思うと、なんでだろ??まっいっか!)
懐かしく思い出したりして・・・


でもっ!!!とにかく
都会とはまったく違うんだよなー
やっぱり!!
田舎ってすごく大好きだけど
夜って出歩けない!
フラフラと・・・

だって、こんな具合ですもん。

陽が落ちると我が家の屋外は
月の光で十分歩けます!
月明かりだけが頼りです

moonlight.jpg





ひとつばかり例を・・・

毎年義両親は必ずインドの仏跡巡礼ツアーに参加する
毎年誘われるのだが一緒に行ったことはない

なぜなら・・・安全面!がひとつ
おまけに言ってしまうと
もうひとつの理由は・・・まだ私達年齢的にも・・・
いやいや、いいんです!仏陀の聖地を巡礼するのは
とても素晴らしい旅行
いつか一度は仏教徒として訪れたい

でも・・・でも・・・
もう少し人生勉強してから・・・
だから今は・・・
と推し量る気持ちもありつつ・・・


とにかくジャフナへの旅行も毎年のこのインド旅行も
泊りがけの旅行は別々に行くようにしています

残ったものが家・敷地内を管理する!
これって田舎で安全に暮らす上ですごく重要な協力体制


じゃあnacona家族ってみーんなで旅行って
できないんだ!→→→長期旅行は今のところはそうです

だから義両親は親戚と旅行に行くことが多い
我が夫婦はというと(これに関してはわたしのみ!の問題だが)
親戚との日帰りツアーならまだしも
親戚と一緒の連泊旅行はまだ無理・・・
やってみると案外楽しいんだろうけど

出来れば旅行はゆっくり、気兼ねなく、気を使わず、
心も体も超リラックス☆☆☆したいわけです
しかもいままで毎日どっぷりの同居生活
旅行に出掛けるなら”二人っきりで!”と
思う気持ちに嘘はつけません

そんなわけで我が夫婦の旅行は
「二人」or 「妻サイドの家族か友人」

このくらいがちょうどいいんです!
ちょうどいい距離感!
安全面においても精神面においても・・・


今後マッリが結婚したりまた家族が増えたりしたら
ちょっとは変わってくるかも



話がそれてしまったが
だからこそこの環境に番犬は必須
現在その番犬を飼うために犬小屋を二つ
オーダーして作ってもらっている

それまでの間と思っていたところ・・・
このトミーが予想を超える大活躍ぶり

必ず夕方になると(陽が暮れる前!)玄関前に来て
それから朝まで見張っていてくれるのだっ☆

私達以外の人間、動物に吠えまくる
吠えまくるっ!!

同じ敷地内にある実家は全く肉眼では見えない距離に
あるがその実家から時々このトミーの激しすぎる吠え方で
夜中に心配コールがあるほど!
”何かあったのか?”と

実家にいるジャーマンシャパードのボビーの吠えは
ここまで届かない
それを超える吠え方!
正しく「番犬」だ!



先月は私たちが日本旅行
その間義両親がしっかり新居と敷地内を守ってくれた

数ヵ月後は義両親がまた恒例のインド仏跡巡礼旅行


トミーにひと仕事してもらわなきゃ!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。