訪問ありがとうございます
ポチッと押してくれるととっても励みになります^^
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レンガたち
↑Photo;アッチアチになってるレンガに水をかけて冷ます・・・
レンガ投げ
↑Photo;は~い!どんどんレンガを投げまっす
レンガ投げ場面
↑Photo;機械がない為こうして人力パワーでひとつひとつのレンガを2階に投げる運搬法




もう何を見てもスリランカではたいして驚かなくなった・・・(笑)
だってこのレンガ運搬方法だって
”せっかく買ったレンガが壊れたらどうするの??”なんて思ってたらこころが持ちません

”どーぞどーぞ!もし壊れたらわたしがなんとかインテリアに使いますから!”と大きな心持ちでいると
何故か壊れない
なんとも不思議なものである

ワーカーの皆さんにも”さっすが!うまいね~! 私にもさせて!”とやらせてもらう・・・(笑)
どれだけうまく投げられないものか・・・痛感
そう思うと本当に彼らがスペシャリストに見えてくる

このレンガひとつRp6するのだがこのサイズは小さいサイズ
もう一回り大きなサイズだともう少しお安くなる
おっとくんと話し合って このサイズ(小さめ)が基礎にするには丈夫なんだと我が建築デザイナーさんからのアドバイスも受け このサイズにした
ちなみに我が建築デザイナーさんかなり超多忙を極めておられる方なのだが
こんな遠い田舎にある我が家の建築にこまめに足を運んでくれる

私たちがコロンボへ出向いた時にもしょっちゅう待ち合わせをして変更プランなどの相談をしている
とにかく途中途中で気付くこと確認したいことが多くて・・・(笑)
何しろ私たちもそして最も頼るべくターッタやアンマが跡取り夫婦(=ターッタは6人兄妹の末っ子男子)なので建築の経験がないときたもんだ

スリランカと日本の文化・習慣を取り入れようとすると実際に生活してみてお互いに気付く以外
考えるだけではなかなか難しいものである
ちょっとした細かい事なのだが設計図面が一度出来上がり基礎が出来上がってしまうとそのちょっとの変更が大変だったりする

例えば・・・スリランカでは”靴のままどうぞ!どうぞ!”なんて言うものの
やはり靴を脱ぎお宅へ上がるのがいいマナー
でも実際玄関や裏口と通じる台所などではその区切りがないため半土足となりがち
しかもスリランカでは日本の様な玄関ポーチが殆どない!!

えっ?そのまま入ってくる??”  いえいえ、そんな事は口が裂けても言えませんが・・・
↑こう思わなくてもいい様にする為に・・・玄関ポーチには ”土禁” と言わんばかりの大抵の人がそう感じるであろう段差をつけてみたことも大きな変更のひとつだった

なにしろ住んでみて、同棲してみて、同居してみて、作ってみて・・・
なんでも「・・・みて」づくしスリランカン ファニー ライフを満喫している(笑)

日本だときっと機械を使って”ウイ~~~ン”とものの10分程度で何千個のレンガが2階へ運搬されるだろう!
こうしてここスリランカでは人の手でひとつひとつ運ばれてゆく・・・

でも時間がかかっても何だか笑えても スリランカの方法が愛おしく思えるのはなぜだろう・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。